【ジュネーブモーターショー'04出品車】トヨタのハイブリッドでスーパースポーツ

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー'04出品車】トヨタのハイブリッドでスーパースポーツ
  • 【ジュネーブモーターショー'04出品車】トヨタのハイブリッドでスーパースポーツ
レクサス『RX400h』(日本ではトヨタ『ハリアー』ハイブリッド)のハイブリッド・パワープラントをカーボンファイバー製シャシーに搭載したスーパースポーツが『アレサンドロボルタ』だ。

ボルタは電池を発明したイタリアの物理学者、電圧の単位「ボルト」は彼の名にちなむ。

ボルタは、イタリアのデザイン開発会社、イタルデザイン・ジウジアーロが開発し、3月2日から始まるジュネーブモーターショーに出展する。イタルデザインによるとハイブリッドシステムはトヨタから提供されそうだ。

3.3リットルV6エンジンは後軸近くに置かれているので、プロペラシャフトやエキゾーストパイプのためのスペースがキャビンに突出しない。そのスペースを生かして全長4.3m、全幅は2mに満たない外寸で3人乗りクーペを実現できた。

内燃機関のほか前後の軸に電気モーターをそれぞれ装備、最高出力は408HP。最高速度は250km/hに達し、0-100km/h加速は4.06秒。「しかし52リットルのガソリンタンクで航続700kmという数字に驚くべき」とイタルデザイン。
《高木啓》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品