GMの環境対策は夢の燃料電池よりも現実的なエタノールで!! | レスポンス(Response.jp)

GMの環境対策は夢の燃料電池よりも現実的なエタノールで!!

エコカー 燃費

GM(ゼネラルモーターズ)は、エタノール燃料式の新型フルサイズ・ピックアップトラック2車種を米国市場に投入する。

この2車種は、シボレー『シルバラード』とGMC『シエラ』をベースにした「E85」エタノール仕様車で、来年初めから生産開始する。全米のシボレー、GMCディーラーで販売する。

エタノールは、とうもろこしなどから抽出できる再生燃料で、エタノール車が普及すれば大気汚染の防止、ガソリン使用量の低減が図れる。今回の2車種の追加で、GMのエタノール車はGMC『ソノマ』やシボレー『タホ』などを含めて合計8車種となる。

GMはすでに、農耕業技術開発企業のモンサント社からシルバラードのエタノール車50台を受注している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品