新世代クロスオーバーが相次いで登場---ホンダとトヨタから | レスポンス(Response.jp)

新世代クロスオーバーが相次いで登場---ホンダとトヨタから

自動車 ニューモデル 新型車

セダン、クーペ、SUV、ワゴンなど様々の分野のコンセプトを取り入れたクロスオーバーモデルが今後相次いで登場し、クルマ市場の中心的な存在になりそうな雲行きになっている。

ここ数年RVブームが続き、従来のセダン主流に代わりミニバン、ワンボックスワゴン、SUV、ステーションワゴンのいわゆるRVが幅をきかせる状況になっている。ところが最近になって陰りが見え始めた。ミニバン、ワンボックスワゴンはまだマーケットの拡大余力があるが、SUVやステーションワゴンは頭打ち状況にある。

これらに代わるのがクロスオーバーモデル。三菱自動車の『eKワゴン』、ダイハツ『MAX』、スズキ『MRワゴン』は、セダンとミニバンのクロスオーバーモデルだといえよう。情報筋によると同様のコンセプトの軽自動車はホンダも来年2月に発売する。

同じく情報筋によると、登録車ではトヨタが来年2月にSUVとミニバンの中間に位置するスモールカー(1.3リットル)、5月にはセダンとSUVの新型クロスオーバー車(1.8リットル)を相次いで発売する。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品