【スズキ『MRワゴン』発表】全高1550mmは要件ではなかった | レスポンス(Response.jp)

【スズキ『MRワゴン』発表】全高1550mmは要件ではなかった

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ『MRワゴン』はダイハツ『MAX』、三菱『eKワゴン』につづく、軽自動車のトールボーイ・セダンである。箱型ボンネットバンと従来の2ボックス・ハッチバックとの中間に位置するわけだが、MRワゴンには先発2車と決定的に違う点がある。

MAXとeKワゴンが立体駐車場への入庫を考慮して全高を1550mmとしたのに対し、MRワゴンの全高は1590mm(4WDは1600mm)なのだ。

東京モーターショーにおいて軽四輪車企画グループの小野純生係長は、「MRワゴンは『ワゴンR』を出発点に乗用車として洗練させました。ワゴンRのいい点=全高はあまり変えていません。乗降性のよいヒップポイント高さから導き出される全高もこれぐらいです」と説明する。

またMRワゴン報道発表会では、デザイン第一グループの山本雄高係長も1550mmという数字はあまり気にしなかったという。「立体駐車場も最近の新設・更新では1550mmより大きい寸法が増えています」とのこと。

●参考:車名/全高/ヒップポイント高さ
スズキMRワゴン/1590mm/635mm
ダイハツMAX/550mm/580mm
三菱eKワゴン/1550mm/630mm
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品