ライバルを横目に消えるトヨタ『スープラ』……花道飾るキャンペーン | レスポンス(Response.jp)

ライバルを横目に消えるトヨタ『スープラ』……花道飾るキャンペーン

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

トヨタは来年7月で『スープラ』を廃止することをすでに決定しているが、生産中止までの間に成約・発注してくれたユーザーに対して、“SUPRA”のロゴとユーザー自身の名前を刻印したクロノグラフをプレゼントする「スープラ・カウントダウン・キャンペーン」を実施している。

初代スープラは1986年に登場。現行モデルは1993年に登場した2代目となる。デビュー以後、サーキットから公道、果ては販売店での値引き合戦に至るまで、常に日産『スカイライン』や、マツダ『RX-7』などと熾烈な争いを繰り広げてきた。

しかし、スポーツタイプのクルマの市場が全体的に縮小傾向にあることで販売が伸び悩んできたことや、現行のエンジンでは排出ガス規制のクリアも困難になってきたため、モデル自体の廃止が決定されたという。

東京モーターショーで日産はコンセプトモデルながら次期『GT-R』を発表。マツダのロータリーエンジン搭載車も『RX-8』に進化しようとしている中、スープラだけがひっそりと、静かにその歴史へ幕を下ろすことになったのは寂しい。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品