【スズキ『MRワゴン』発表】日産版『moco』とどこが違う? | レスポンス(Response.jp)

【スズキ『MRワゴン』発表】日産版『moco』とどこが違う?

自動車 ニューモデル 新型車

スズキが日産に軽自動車をOEM供給することになっているのはご存知の通り。その第一弾が『MRワゴン』であり、その日産バージョンが、東京モーターショーに展示されていた『moco』(モコ)になる見込みである。

そこで気になるのは、日産からスズキに対して、ベース車であるMRワゴンに対して何かしらの注文があったのかどうか、ということ。

「MRワゴンのプロジェクトがある程度進んだ状態でOEM供給が決まりましたので、事実上スズキの社内評価基準だけで作りました。メカ的には何も変えていません」と語るのは、四輪パワートレイン設計グループ設計第一グループの笠井公人グループ長。

またボディに関しても同様に、「大変更はできない時期に話が決まったので、そのまま押し切りました」と、四輪車体設計グループ 第一グループの足立雄三係長。見た目そのままに「フードとバンパーが違う」だけだそうだ。

生産は、両方ともスズキ湖西工場の同じラインで行われる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品