フォード人事が急速化!! マツダ担当のウォレス重役退社、フィールズ社長は…… | レスポンス(Response.jp)

フォード人事が急速化!! マツダ担当のウォレス重役退社、フィールズ社長は……

自動車 ビジネス 企業動向

フォードは15日、リチャード・パリー・ジョーンズ製品開発担当副社長が同日付でマツダ担当を兼務する人事を明らかにした。現在、マツダを担当しているヘンリー・ウォレス副社長は2002年1月1日付けで同社を退社することが決まったという。

フォードでは、ジャック・ナッサーCEOの退任(フォード家の命により、事実上更迭されたという見方も強いが…)により、社内要職の入れ替わりが激しくなっているが、今回の人事もその一環と言えるだろう。

なお、現在のマツダ社長であるマーク・フィールズ社長の続投は同日に明らかにされており、マツダの現体制に変化はないようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品