【東京ショー2001続報】三菱『パジェロ・エボ』はなぜなかった? ---エクロートCOOにきく | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001続報】三菱『パジェロ・エボ』はなぜなかった? ---エクロートCOOにきく

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2001続報】三菱『パジェロ・エボ』はなぜなかった? ---エクロートCOOにきく
  • 【東京ショー2001続報】三菱『パジェロ・エボ』はなぜなかった? ---エクロートCOOにきく
  • 【東京ショー2001続報】三菱『パジェロ・エボ』はなぜなかった? ---エクロートCOOにきく
  • 【東京ショー2001続報】三菱『パジェロ・エボ』はなぜなかった? ---エクロートCOOにきく
6月末に三菱のデザイン本部長に就任したオリビエ・ブーレイが指揮を執り、大馬力で完成させて9月上旬のフランクフルト・ショーで発表した『パジェロ・エボ』は幕張に展示されなかった。ヨーロッパではかなりの人気を集めたのだが、なぜか。

疑問に直々に答えてくれたのが代表取締役副社長兼COO(最高執行責任者)のロルフ・エクロート。エクロートCOOは話してみると快活な人柄で、失礼を承知でいうとドイツの地方都市あるいは大都市郊外の、陽気で町の人気者になっているパン屋の主人といった感じ。

エクロートCOOは説明する。「コンセプトカーは企業のイメージを表現するものだ。ヨーロッパではパジェロ・エボが三菱のイメージアップにつながり、日本では今回の4台が新生三菱のイメージを主張する」。日本と比べれば、ヨーロッパではモータースポーツやテクノロジーによって三菱のイメージは評価されているようだ。

しかし東京モーターショーにパジェロ・エボを出展すれば、クルマそのものは「すごい!、かっこいい!!」と評価されただろうが、いっぽうで「何やってんだか」と言われたことだろう。人気があれば何を並べてもいいというものではないのである。今の三菱は『CZ2』であり、日本市場で受けるのは『CZ3ターマック』だ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品