国交省、エムケイの無料タクシーを事実上、認める | レスポンス(Response.jp)

国交省、エムケイの無料タクシーを事実上、認める

自動車 社会 社会

京都のエムケイ(三木正雄社長)と国土交通省中部運輸局が名古屋での“無料タクシー”運行を裁判で争っている問題で、国交省側は12日、控訴断念を決めた。これにより、エムケイの無料タクシーに営業用ナンバーが交付される見通しになった。エムケイは事業スタートに向けて準備を始めることにしている。

ただし、国交省は控訴断念の理由を「道路運送車両法(ナンバー制度)上は控訴しても勝つ見込みが薄い」と判断しているためで、エムケイ側が無料タクシー届出の根拠とした道路運送法上の解釈では、依然として無料タクシーを認めたわけではない、と主張している。
《編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品