どうなる高速道路---トヨタ会長、民営化先行ムードをけん制 | レスポンス(Response.jp)

どうなる高速道路---トヨタ会長、民営化先行ムードをけん制

自動車 社会 社会

トヨタ自動車の奥田碩会長は9日、国土交通省の「高速自動車国道の整備のあり方検討委員会」に出席し、公団改革をなぜ行うかや、民営化のメリットをハッキリさせる必要があるとの見解を示した。

会議の席上、奥田氏は「国鉄が民営化された時は、汚い鉄道車両や駅のトイレなどが改善されるなどのメリットがあった。今の高速道路で、路面に穴ぼこが開いていたり、売店が汚いなどの問題があるのか」と質問した。

奥田氏の発言は、「民営化=効率化」「民営化=高速料金引き下げ」などの漠然としたイメージで先行する民営化論議や、何が何でも早期決着を迫る小泉政権に対し、本当に国民のためになる冷静な議論を呼びかけたメッセージ、とも言える。
《編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品