【CART最終戦コメント】「完走出来たことには満足」の高木だが…… | レスポンス(Response.jp)

【CART最終戦コメント】「完走出来たことには満足」の高木だが……

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

●優勝したクリスチアーノ・ダマータのコメント「このコースは空気抵抗を考えると、必ずしも常にトップにいる事が有利ではないので、最後にトップを取ることだけを心掛けていた。最後のバトルも、まさか、そこで勝負が決まるとは思っていなかった。勝利で飾れ本当に嬉しい」

●中野信治のコメント:「スタート直後はオーバーステア気味でしたが、最初のピットストップで調整してから良くなりました。そのあとは出来るだけ燃費を節約して走行し、エンジンを温存して終盤に備えるつもりでした。フルタンク状態で調子が良かっただけに、最後まで走れなかったことは残念です」

●高木虎之介のコメント:「予選に失敗して後方からのスタートとなったので、序盤戦は燃費走行に徹して戦ったが、チャンスは逃さずにアタックを仕掛けた。154周目のピットインでは、チームの迅速な作業のお陰で、5位でレースに復帰出来た。心残りは、日没で短縮レースとなってしまい、フルアタックせねばならないところをチャンスを逃してしまったことだ。その上、終盤戦でS. ディクソンの接触後に破片を拾ってしまいパンクしてしまった。長丁場のレースを完走出来たことには満足している」
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品