アメリカ、10月の販売リバウンド | レスポンス(Response.jp)

アメリカ、10月の販売リバウンド

自動車 社会 社会

アメリカ、10月の販売リバウンド
  • アメリカ、10月の販売リバウンド
  • アメリカ、10月の販売リバウンド
9月のテロ事件で急激な落ち込みを見せたアメリカの自動車販売が、ビッグ3を中心とするゼロ金利キャンペーンなどで10月に大幅なリカバリーを見せた。特にGMとフォードは前月からの比較で新記録となる売り上げ増を達成。

GMは9月の実績と比較して、トラックで47%、乗用車で15%、全体で31%の売り上げ増で、フォードはトラック34%、乗用車40.5%、全体で36%の売り上げ増。特に『F150』ピックアップトラックと『フォーカス』は月間売り上げとしては最高記録を樹立した。

ダイムラー・クライスラーはこの2社ほどではないが、全体で5%の売り上げ増。乗用車は1.5%減少だがトラックは7.2%の増加。特にジープ『リバティ』とクライスラー『PTクルーザー』は月間売り上げ記録を樹立している。

このほか10月のアメリカ国内の実績としては、トヨタ27.5%増、スバル12.5%増、現代(ヒュンダイ)85%増、起亜79%増、日産7%増(『アルティマ』は40%増)、三菱17.6%増、フォルクスワーゲン10.7%増と、ほとんどのメーカーが好調な販売を記録している。
《Sachiko Hijikata, US editor》

関連ニュース

特集

おすすめの商品