誰のための1億円?---国交省の先駆的低公害車補助の中身 | レスポンス(Response.jp)

誰のための1億円?---国交省の先駆的低公害車補助の中身

エコカー 燃費

国土交通省は、今年度の「先駆的低公害車補助事業」の対象車両として、トヨタ『エスティマ・ハイブリッド』など合計19台を購入するバス・タクシー事業者に約1億円を補助することを決めた。

同事業は、低公害車を実際に走らせ、保安基準策定のデータを集めるために国交省が購入を補助するもので、平成10年度から実施されている。ただ、補助対象はCNG(圧縮天然ガス)バスや電気自動車など、必ずしも“先駆的”とは言えない。エスティマに至っては、すでに誰でも買える車だ。

また国交省内でも来年度の概算要求で「CNGトラックの普及支援」を打ち出しているだけに、1億円とは言え“税金の無駄遣い”と言えなくもない。高速道路の整備計画同様、一度決まったら何が何でも実行する役所の体質が透けて見える。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品