【東京ショー2001速報】ホンダのコンパニオンは“空を飛ぶ” | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001速報】ホンダのコンパニオンは“空を飛ぶ”

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

お気に入りのクルマを見るのもいいが、モーターショーのもう一つの楽しみは、各メーカーの展示ブースで演じるショータイム。今回は、テロ事件による犠牲者に哀悼の意を捧げる意味から、主催者側が「華美な演出は控えるように」と事前通告したそうだ。が、プレスデイや特別招待日はともかく、一般公開の始まった27日からは、反則を承知のうえで、それぞれのメーカーが“華美な演出”で競い合っている。

中でも、来場者の喝采を浴びているのがホンダのブース。『デュアルノート』など目玉のコンセプトカーも揃っているが、来場者のお目当ては、30分間隔で催すショータイム。 ブース内では、お立ち台のうえに上がったカラフルなコスチュームの女性コンパニオンたちが、軽快なリズムにあわせて、派手なパフォーマンスでコンセプトカーを次々紹介してくれる。

しかも、離れたステージの『NSX-R』や『SUU』を紹介するときは、ワイヤーで宙刷りになって見学者の頭上を移動する。それをハラハラ、ドキドキしながら眺めるわけだが、ステージには、ホンダで一番人気のあの『ASIMO』クンも登場、ハッキリ言って、コンセプトカーなんてどうでも……。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品