フォード“クリーンカー”は計画倒れ? | レスポンス(Response.jp)

フォード“クリーンカー”は計画倒れ?

エコカー 燃費

フォードが「今後は環境に優しいクリーンカー作りを目指す」と宣言したのはつい数カ月前。現在アメリカでもっともクリーンな自動車メーカーはホンダであり、フォードがどのようなアプローチを見せるのか業界の注目が集まっていた。

ところがフタを開けてみれば、フォードが打ち出しているのは燃費効率の悪い『エクスプローラー』を「ややマシ」にする、程度の計画。フォードでは「マイルドハイブリッド」と呼んでいるが、つまりは停車時のアイドルストップのこと。信号などで停車したとき自動的にエンジンが切れ、アクセルを踏むと同時にスタート、このときスターターが駆動トルクも分担するという技術だ。

この動きに関して業界筋では今年のフォードの業績悪化に伴う資金不足でクリーンカー開発に支障をきたしている、と見ている。今年末までにホワイトカラーの1割を早期退職させよう、というフォード。台所事情はかなり苦しいようだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品