【東京ショー2001速報】ディスク不要---P-in Comp@ctで地図をダウンロード | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001速報】ディスク不要---P-in Comp@ctで地図をダウンロード

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

カーナビがDVD、HDDとメディアをどんどん高容量化させる中、最新の地図を通信によって必要なだけダウンロードするタイプのカーナビも注目されている。カーナビ内のメモリーに書き込むタイプにすればメカレスとなり、カーナビとしての耐久性を向上させるだけでなく、本体の大幅なコンパクト化も可能となる。

ケンウッドのブースでは、液晶TVほどの大きさのボディに直接『P-in Comp@ct』を差し込み、必要なだけ地図データをダウンロードするシステムが参考出品されていた。『P-in Comp@ct』はPHSによる64kbpsを可能で、デジタル携帯電話(PDC)を大幅に超えるISDN並みの通信速度が確保できる。そのため、地図のダウンロードも実用領域にあり、実現性はきわめて高いというわけだ。

実は、こうしたシステムの登場を予見して、地図のダウンロードを行う環境も徐々に整い始めている。先日、パイオニア系の地図データベース会社であるインプリメントPが中心となって提案した『iフォーマット』もその一つ。カーナビやPDA、携帯電話などの端末向けに、通信型ナビゲーションサービスを提供するためのサーバーで、地図表示用データや経路計算、経路誘導、地図検索機能を提供する。また、住宅地図会社であるゼンリンも同様サービスとして『Zm@p on net』をPC向けに10月24日よりサービスをスタートさせている。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品