【東京ショー2001速報】アイシンの“自動化マニュアル” | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001速報】アイシンの“自動化マニュアル”

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2001速報】アイシンの“自動化マニュアル”
  • 【東京ショー2001速報】アイシンの“自動化マニュアル”
  • 【東京ショー2001速報】アイシンの“自動化マニュアル”
アイシン精機をはじめとするアイシングループは、素材から機械系、駆動系、電子装置まで幅広い分野で活動する部品グループ。最近ではトヨタの『マークII』に採用されたナビ協調シフトなどエレクトロニクス部門が注目されているが、機械系の地道な進歩も見逃せない。

今回のモーターショー展示のなかでは、AMT(オートメイテッド・マニュアル・トランスミッション)が注目だ。ふつうのMTユニットをベースに、変速をモーターで自動化するシステムで、すでに「ヨーロッパの某自動車メーカーが採用を決めている」という。

このシステムは、DC(直流)モーターを使ってクラッチを「切る/つなぐ」の操作を行うもので、ギア操作は人間が行うが、クラッチ操作は機械がやってくれる。トルクコンバーターなどの動力伝達装置は不要。MTユニットをそのまま利用してATににできる。ただし、クラッチがすり減ってきたときに、モーターの負荷が増えないようにする工夫のため、クラッチケースは新規に型を起こす必要があるという。

それでも、コストアップは「AT化する場合に比べて半分」をめざしている。120万円程度の車両価格で考えると、プラス3万円で装備可能ということだ。現在はFF用でエンジン排気量1000ccクラスを想定した開発が最終段階にはいっている。

ちなみに、アイシン精機の和田明広会長は元トヨタ副社長。開発畑をずっと歩いてきた人で、クルマと技術に対する情熱は人一倍熱い。そういう人がリーダーである会社には、注目しないわけにはゆかない。
《レスポンス編集部》

おすすめの商品