【東京ショー2001速報】日産『GT-R』は運転しやすい、ドリフトだってOK!! | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001速報】日産『GT-R』は運転しやすい、ドリフトだってOK!!

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

ソニーコンピューターエンタテイメントが2002年1月1日に『グランツーリスモコンセプト2001 TOKYO』を発売するということは既報のとおりだが、東京モーターショーの会場ではこのゲームを実際にプレイして楽しむことができる。

このゲームを開発した最大の目的は「普通は触れることすらできないコンセプトカーを実際に運転したかのように楽しむ」というもの。展示されているモデルは実物大のモクアップで、稼動できるエンジンが載っていないものがほとんどだが、ゲームのなかではもちろんキビキビとした走りを楽しめる。グランツーリスモといえば「実車からエンジンの音を録る」、「そのモデルに応じた動力性能を再現する」という“こだわり”が特徴のゲーム。そこで気になるのが日産『GT-R』やトヨタ『pod』が「どのようななエンジン音で、どういった走りを見せるのか」ということ。気になるので早速試してみました。

結論から言えば「GT-Rはこれまでの『スカイラインGT-R(R34)』と同じ音と運転感覚」、「podは『ヴィッツ』そのもの」という感じだった。GT-Rではもちろんドリフトを楽しむことだってできる。

『グランツーリスモ3』では隠しコース扱いとなっている国道246号線が最初からプレイできるのもこのゲームのポイント。来年の正月のヒマ潰しはこのゲームで決まりだろう。
《石田真一》

特集

おすすめの商品