三菱、軽自動車『ミニカ』を環境対応---25%低減レベルに認定 | レスポンス(Response.jp)

三菱、軽自動車『ミニカ』を環境対応---25%低減レベルに認定

自動車 ニューモデル 新型車

三菱自動車工業は23日、軽自動車の『ミニカ』、『トッポBJ』、『パジェロミニ』を、低排出ガス化を図るなど一部改良し発売した。

低排出ガス化を図ったのはミニカとトッポBJで、エンジンに細かな改良を行い最新排ガス規制値の25%低減レベルである「良-低排出ガス」認定を取得した。また安全面でもABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備するなど制動時の走行安定性を高めた。

パジェロミニではABSを標準装備したほかシートベルトのプリテンショナー機構を高性能化し乗員拘束力を高めるなど安全性の向上を図った。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品