【VWニュー『パサート』日本発表】「W16」って何? エンジンのこと?! | レスポンス(Response.jp)

【VWニュー『パサート』日本発表】「W16」って何? エンジンのこと?!

自動車 ニューモデル 新型車

見た目ずいぶん立派になった感のある新型『パサート』、もちろん中身も立派になった。従来の、1.8リットルターボ/3.0リットルV6のラインアップから、2.3リットルV5/3.0リットルV6、そして来年には4.0リットルW8が加わり、豪華なラインアップとなる。

売れ筋となるV5エンジンは、Vバンクを15度としたことで、2本のカムシャフト(吸気専用と排気専用)だけで5気筒分の4バルブをすべてまかない、さらにシリンダーブロックをひとつにまとめたという、ヘッドもブロックも非常にコンパクトなエンジン。これは『ボーラ』に搭載されているものだが、パサートへの搭載にあたって縦置きに変更された。これも「コンパクトなエンジンのなせる技」だと、フォルクスワーゲン本社のフランク・メッツナー博士は胸を張る。

W8エンジンは、この狭角V5エンジンから1気筒取ったもの、つまり狭角V4を、バンク角75度でV型に配置したものだ。こちらも実物を見る限り、3.0リットルV6(バンク角90度)とさほど変わらず、そのコンパクトさには驚かされる。

メッツナー博士は、「フォルクスワーゲンでは、この狭角V型エンジンをモジュール化し、V4からW16(なんと! 8リットルだそうだ)までを用意する」と自信たっぷりに語った。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品