【東京ショー2001出品車】ねらいはYジェネレーション---三菱『SUP』 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】ねらいはYジェネレーション---三菱『SUP』

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2001出品車】ねらいはYジェネレーション---三菱『SUP』
  • 【東京ショー2001出品車】ねらいはYジェネレーション---三菱『SUP』
  • 【東京ショー2001出品車】ねらいはYジェネレーション---三菱『SUP』
『SUP』がデザインされたのは、アメリカ西海岸サイプレスにある三菱のデザイン拠点MRDA=三菱リサーチ&ディベロップメント・アメリカ。外観はテクノ調(デザイン本部、オリビエ・ブーレイ本部長)、素材感からもSUPが新しいカテゴリーをめざしていることがわかる。

ターゲットユーザーの「Yジェネレーション」と呼ばれる若い世代を、三菱では次のように分析している。まずハイテクになじみが深い。ネットサーフはいつものことで、ポータブルPCを持ち歩き、コミュニケーションでEメールを多用する。そしてマウンテンバイクのように、自然の中で身体的に危険なスポーツを楽しむ。ファッションはカジュアル&スタイリッシュ。

そしてそのような生活ではモビリティも重要視される。つまりSUPはそのようなクルマなのである。
《高木啓》

おすすめの商品