【東京ショー2001出品車】マツダ『RX-8』の「フリースタイル・ドア」 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】マツダ『RX-8』の「フリースタイル・ドア」

自動車 ニューモデル モーターショー

4ドア・スポーツカーの『RX-8』はいわゆる観音開き、マツダが「フリースタイル・ドア」と呼ぶ、最近の市販車ではめずらしいドア形状を持つ。これはリアル・スポーツカーのプロポーションで乗員4人の乗り降りを楽にするため、と開発責任者の片渕昇・主査はいう。

小型化された新世代ロータリーエンジン、2700mmのホイールベース、シートバックの薄いシート形状で4人乗りの室内空間を確保した。いっぽう前ドア前ヒンジ、後ドア後ヒンジのドア(リアはアルミ製)とし、センターピラー(Bピラー)を廃止、車内へのアクセスを容易にした。

観音開きドアは室内をよく見せるためにショーカーでは良く用いられるデザイン手法だ。量産化にあたっては側面衝突安全性の確保など、問題が多かったはずだ。
《高木啓》

特集

おすすめの商品