【東京ショー2001出品車】初代の精神に立ち返ったクリーンカー、ホンダ『シビック・ハイブリッド』 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】初代の精神に立ち返ったクリーンカー、ホンダ『シビック・ハイブリッド』

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダは新しい「Honda IMAシステム」を採用したハイブリッドカー『シビック・ハイブリッド』を東京モーターショーで発表する。参考出品ながら市販予定車とされており、間もなく市販に移されるものと思われる。

1972年に誕生した初代『シビック』は、当時世界で最も厳しい排出ガス規制の1つとされた、アメリカのマスキー法1975年規制を世界で初めてクリアし、大きな注目を浴びた。シビック・ハイブリッドでは、そのシビックのクリーンカーとしての歴史の延長線上に位置するものとして発表される。

1.3リットルのi-DSIリーンバーンエンジンとモーターからなるハイブリッドシステムは4ドアの『フェリオ』をベースとしたボディに搭載される。エクステリアはバンパーやホイールなどのデザインを変更して、シンプルでハイテク感のあるスタイリングとなっている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品