【東京ショー2001出品車】インテリアも2つの価値の融合を目指したホンダ『DUALNOTE』 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】インテリアも2つの価値の融合を目指したホンダ『DUALNOTE』

自動車 ニューモデル モーターショー

回頭性と直進性、パワーと低燃費、柔と剛のデザインなど、相反する2つの価値を融合させた『DUALNOTE』では、インテリアにも2つの価値を融合させたデザインを取り入れている。

インテリアを担当した本田技術研究所・和光研究所の小林正英アシスタントチーフデザイナーは、ハイテク感のあるアルミパネルを多用しながらも冷たい印象にならないように、エモーショナルなスポーツカーとしてのカタチを大切にしたという。

リアシートはフロントと同一のバケットシートとなっているが、これはスポーツ性を強調するためだ。「評判によっては通常のリアシートにすることも考えている」とのことだが、DUALNOTEはスポーツモデルなので2人乗りを基本として考えられている。トランクなどのラゲッジスペースは存在しないため、カバンなどの荷物はリアシートに置くのだという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品