【東京ショー2001出品車】いろんなクルマを凝縮しました……トヨタ『ist』 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】いろんなクルマを凝縮しました……トヨタ『ist』

自動車 ニューモデル モーターショー

『ist』はヴィッツ・ファミリーの一員となるコンパクトサイズのステーションワゴン。単なるコンセプトカーではなく、1〜2年後の市販をにらんだセミ・プロダクトモデルだ。1.3リットルエンジンを搭載し、5人乗り5ドアハッチバックボディを持つ、新ジャンルのコンパクトカーをめざす。

全長3855mm、全幅1695mm、全高1530mmというコンパクトボディながら、コンパクトなエンジンルームにより広い室内スペースを確保する。スタイリングはキャブフォワード基調。ボンネットからルーフまでをなだらかなラインで結ぶモノフォルム感を出しつつ、ボンネットフード先端にボリュームを持たせ、クラスを超えた押し出し感を演出する。

車内も新感覚の幾何学シボをダッシュボード全体につけ、各部に金属調のデコレーションパーツを配することでプレミアム感を持たせる。センタークラスタにはCD、MD、携帯電話などを収納する、イルミネーションマルチボックスを設置。ボックス内の照明がカバーを透過して、ショーウインドウ的な上質感を演出する。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品