【東京ショー2001出品車】まさか新型『スープラ』?……トヨタ『FXS』 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】まさか新型『スープラ』?……トヨタ『FXS』

自動車 ニューモデル モーターショー

『FXS』はトヨタが提案するハイエンド・オープン2シータースポーツ。ライバルとなるのはメルセデスベンツ『SL』、BMW『Z8』、ジャガー『XJS』コンバーチブルなどのスーパーロードスターだ。

ベースモデルは明らかにされていないが、エンジン、サスペンション、フロアパネルなど多くの部品を、トヨタのフラッグシップクーペ、『ソアラ』から流用しているものと思われる。全長4150mm、全幅1870mm、全高1110mmという大柄なボディだが、エンジンをフロントミッドシップ搭載とすることで、重量配分は50:50と、スポーツカーとして理想的な数値になっている。

エンジンはソアラと共通の4.3リットルV8だが、カムプロファイルの変更をはじめ徹底的な改良を施すことで、レッドゾーンは8000回転と、大排気量ながら超高回転を可能としている。トランスミッションは専用の6速マニュアル。通常のゲート式シフトではなく、シフトレバーを前後に動かすことでシフトアップ、ダウンを行うシーケンシャル式となっている。タイヤサイズはフロントが245/40R18、リアが285/35R18と、超極太サイズ。

このFXSは、あくまでコンセプトカーではあるが、次期『スープラ』のスタディモデルという性格を帯びている。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品