【東京ショー2001出品車】スバルはワゴンで牙城を築くよ---『WX-01』 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】スバルはワゴンで牙城を築くよ---『WX-01』

自動車 ニューモデル モーターショー

『WX-01』はスバルが提案した7人乗りワゴンのパッケージングを元に、スバルとIDEAがスタイリングを共同で行い、モデル製作は童夢が担当している。カタマリ感や個性を表現したというこのコンセプトカーは、エンジンこそ『レガシィランカスター』の6気筒だが、シャーシは『レガシィ』ではなく、ホイールベース2750mmの新しいプラットフォームを使用している。

スタイリングは、運転しやすさを表現するために大きさを感じさせない面取りの処理を施し、その面取りで生じる三角形のモチーフが随所に取り入れられている。ボディカラーも、鉄の塊をグラインダーなどで面取りをしたときに現われる、油のにじむような紫を表現している。

7人乗りをミニバンではなくワゴンとして実現させたことについて、スバル商品企画本部デザイン部の石井守副参事は「スバルはワゴンで牙城を築くよ、ということ」と語っていた。ファミリーカーといえどもドライバー最優先で走りを重要視するスバルの姿勢の現われだという。車名の『WX-01』とは「ワゴン・クロスオーバー」の2001年モデルという意味である。
《》

特集

おすすめの商品