【東京ショー2001出品車】ダイハツ『COPEN』、2度目の展示は量産前提? | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】ダイハツ『COPEN』、2度目の展示は量産前提?

自動車 ニューモデル モーターショー

『COPEN』(コペン)は、電動格納式ハードトップを装備したオープン2シーターの軽スポーツだ。全長3395mm×全幅1475mm×全高1260mmというコンパクトな軽自動車サイズを生かして、“人車一体感”を前面に押し出したモデルとなる。

とはいえ、走行性能を極限まで追求したガリガリのスポーツモデルではなく、軽快感を重視したモデルとなる。エンジンをフロントアクスル後方に横置きするFFミッドシップで、ドライバーをホイールベース中央に座らせるパッケージング。

サスペンションは前:マクファーソンストラット、後:トレーリングアームで、ダイハツの他のFFモデルと共通性を持つ。エンジンは660ccの直列4気筒DOHCターボ。ターボチャージャーはCOPEN用に新設計されたもので、圧縮漏れの少ない高レスポンス型。
《井元康一郎》

特集

おすすめの商品