【東京ショー2001出品車】次世代ハイブリッド必須アイテム---三菱『SUP』 | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】次世代ハイブリッド必須アイテム---三菱『SUP』

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2001出品車】次世代ハイブリッド必須アイテム---三菱『SUP』
  • 【東京ショー2001出品車】次世代ハイブリッド必須アイテム---三菱『SUP』
  • 【東京ショー2001出品車】次世代ハイブリッド必須アイテム---三菱『SUP』
  • 【東京ショー2001出品車】次世代ハイブリッド必須アイテム---三菱『SUP』
『SUP』に搭載されるハイブリッドシステムは、自動車電装の次世代標準とも言われる42V電装を採用し、フロント:GDIエンジン+スターターオルタネーター、リア:モータージェネレーターという構成。

通常走行時はエンジンだけが作動し、パワーが必要な状況ではフロントモーターがアシストし、登板時はリアモーターも作動する。

また独自性を感じさせるのが、リアモーターを左右1つずつ搭載している点。あらゆる路面に対応できることがメリットとされる。

このシステムは、スバル『HM-01』や、マツダ『MX-スポーツツアラー』など、各社から出品されたハイブリッドカーと似通っている。42V電装+フロントスターターオルタネーター+リアモータージェネレーターは、次世代ハイブリッドの3大アイテムと言えそうだ。
《》

おすすめの商品