ハンズフリーシステム開発でホンダとNTTが強力タッグ!! | レスポンス(Response.jp)

ハンズフリーシステム開発でホンダとNTTが強力タッグ!!

自動車 テクノロジー ITS

NTTと本田技術研究所は、自動車の走行中でもハンズフリーで、電話・メールへの応答やエリア情報の取得を行うための「次世代車載情報提供システム」を開発したと発表した。2002年以降、一部のホンダ車に搭載して実用化する。

両社は、車両・ネットワーク協調型情報流通技術の共同研究を行ってきた。実用化する具体的な技術は、(1)位置・時間に応じた最適情報が得られる地域密着型情報配信サービス。(2)簡単な操作で、すばやく最適情報が入手できるカスタマイズ情報検索サービス。(3)運転中でも適切なメールの読み上げ及び返信ができるドライバーズ・メールサービス。(4)いつでも、どこでも、適切な電話対応ができる快適モバイル電話サービス、の4点。

今回は、これらの各種情報サービスを提供するため、車両の位置や時間に応じた情報の配信技術、音声対話による車載HMI技術、ハンズフリーで快適に電話・メールへの対応が可能になる走行環境に応じた情報制御技術を開発した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品