ホンダもCARTから撤退---エンジン問題 | レスポンス(Response.jp)

ホンダもCARTから撤退---エンジン問題

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダもCARTから撤退---エンジン問題
  • ホンダもCARTから撤退---エンジン問題
ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメントは12日(アメリカ西海岸時間)、CARTへの参戦を2002年シーズンをもって終了すると発表した。CARTが2003年より3.5リットル自然吸気エンジンを採用したことが理由。

ホンダでは、まったくの新しいエンジンを開発するのには2年が必要、とする。今回CARTから与えられた期間内に、2002年用エンジンの製造を継続しながら新エンジンの開発に時間を割くのは不可能だという。

ホンダ・パフォーマンス・ディべロップメント社長トム・エリオットは語る。「過去数カ月、CARTはエンジン規定を変更しようとしてきたが、それはエンジン規定を安定させてきた長年の方針と相反する。ホンダはCARTのルールならびに執行者への信頼を置けなくなった」。さらに、規定の詳細が今後30〜60日経過しないと明らかにされないという点も、ホンダは問題にする。

1994年以来、ホンダはCARTの143レースに参戦し、通算で優勝60回、ポールポジション60回を獲得。さらにホンダは5年連続のドライバーズ・チャンピオンシップと3度のマニュファクチャラーズ・チャンピオンシップを獲得している。後者は現行のエンジン規定でホンダが最多。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品