CARTが2003年から変わる---エンジン仕様方針決定 | レスポンス(Response.jp)

CARTが2003年から変わる---エンジン仕様方針決定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

CARTレースのエンジン仕様が2003年から大幅に変更されることになった。現在のエンジンフォーミュラは、導入された時から「コストがかかりすぎる」などの批判が相次いでいた。また最近になり、ターボブースターの是非をめぐってホンダがCARTから撤退か、という事態にもなっていた。

そこで2003年からエンジンフォーミュラが見直されることになったのだが、これがターボなし、排気量最大3.5リットルという1990年代初めにF1が使っていたのと同じようなエンジン。ホンダがF1で強さを発揮していた頃のエンジンスペックに近く、CARTがホンダに大きく譲歩した、という印象を与えるもの。

さらに、今回のエンジン仕様の変更はCARTをインディ500のレースカーにより近いものにする、という意味合いがこめられている(IRL=インディ・レーシングリーグはすでにエンジンの仕様を決めている)。CARTの独自性がなくなるという批判もある反面、アメリカンレースの統合へ向けての姿勢を歓迎する声も聞かれる。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品