【ホンダF1ストーキング】日本GP初日、ジャン・アレジがトップ | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】日本GP初日、ジャン・アレジがトップ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

陽気が夏に戻ったかのようなF1日本GP初日の鈴鹿。このGPを最後に引退を決めたジョーダン・ホンダのジャン・アレジがフリー走行トップタイムを記録した。昨年シューマッハの出したポールタイムを0.4秒近く更新した。

先日、佐藤琢磨選手が来シーズンのジョーダン・ホンダからのF1デビューを発表、アレジはこの日本GPを最後に現役引退を表明した。そのアレジが真っ先にコースインして12日のフリー走行は始まった。午後、終了10分前にそれまでトップだったフアン・モントーヤ(ウィリアムズ)を0.5秒上回ってトップに立ち、セッション終了。

本当に楽しむことが出来たセッションだった、とアレジ。「朝一番からマシンはすごくいい感じだったけど、レース・エンジニアと共にさらに良くすることが出来た」と語る。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品