【三菱『eKワゴン』発表】「立体駐車場に入る全高」は結果に過ぎない | レスポンス(Response.jp)

【三菱『eKワゴン』発表】「立体駐車場に入る全高」は結果に過ぎない

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱『eKワゴン』発表】「立体駐車場に入る全高」は結果に過ぎない
  • 【三菱『eKワゴン』発表】「立体駐車場に入る全高」は結果に過ぎない
  • 【三菱『eKワゴン』発表】「立体駐車場に入る全高」は結果に過ぎない
軽自動車の次世代スタンダードを目指したという『eKワゴン』の一番の特徴は「セミトールスタイル」と呼ばれる、そのパッケージングだ。1550mmという全高はライバルのスズキ『ワゴンR』と比べて約100mm低い。

三菱自動車デザイン本部プロダクトデザイン部のチーフデザイナー、石井成久主管によると1550mmという全高はヒップポイントと頭上のスペースなど、室内側のパッケージングから割り出された数値であり、宣伝文句として使われている「立体駐車場にも入る全高」というのは結果に過ぎないという。

スポーティ・カーなどコンセプトが異なればもっと小さいことも考えられるし、『スマート』くらい割り切れば別だが、現状で4人乗り軽乗用車のパッケージを考えるとこのサイズがベスト、とのことだ。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品