テロの影響は? ---GM注目の9月販売と今後の見通し | レスポンス(Response.jp)

テロの影響は? ---GM注目の9月販売と今後の見通し

自動車 ビジネス 企業動向

米国ゼネラルモーターズ(GM)は9月の米国の販売実績をまとめた。それによると乗用車・商用車合わせた台数は前年同月比2.8%減の38万8365台と、前年を割り込んだ。米の同時多発テロ事件やその後の報復攻撃で、消費者心理は冷え込んでおり、今後も厳しい状況が続きそうだ。

9月の販売実績は乗用車が同14.1%減の18万2655台、商用車が同10.2%増の20万5710台だった。乗用車は金利ゼロキャンペーンなどを展開しているが、前年割れとなった。将来のテロを予想してか、前年割れ商用車販売は悪路も走行可能なピックアップトラックなど、商用車販売は伸びた。

また、9月の生産実績と第4四半期の生産見込みは、9月生産が前年よりも5万1000台少ない44万8000台。第4四半期見込みは12万7000〜12万9000台で、昨年よりも5〜7%低い水準。同時多発テロの影響が実態経済にも反映しはじめた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品