【三菱『eKワゴン』発表】21カ月で開発---製品あってこそ、と | レスポンス(Response.jp)

【三菱『eKワゴン』発表】21カ月で開発---製品あってこそ、と

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱『eKワゴン』発表】21カ月で開発---製品あってこそ、と
  • 【三菱『eKワゴン』発表】21カ月で開発---製品あってこそ、と
  • 【三菱『eKワゴン』発表】21カ月で開発---製品あってこそ、と
ロルフ・エクロートCOO(最高執行責任者)は「製品あってのターンアラウンド計画」と『eKワゴン』報道発表会でスピーチした。

ドライビングは「エクセレント」「サプライズ」、パッケージングは「外見より中が広い」と自社の新製品を解説する。また相川哲郎プロジェクトリーダーは「eKワゴンでは開発初期からクオリティゲートを導入できた。品質110%を確保した」という。

実はeKワゴンは開発期間21カ月という短期間で発表された。開発各段階で品質の達成度をチェックするクオリティゲートに加え、部品調達・生産・販売の各部門が一体になって開発、「3次元フルデジタル開発」により制作に時間のかかる試作車での実験を軽減、などにより開発期間を短縮できた。開発中の設計変更の回数も従来の半分ですんだという。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品