石原都知事も応援? 軽油代替燃料を供給するため大手8社が大同団結 | レスポンス(Response.jp)

石原都知事も応援? 軽油代替燃料を供給するため大手8社が大同団結

エコカー 燃費

NKK、豊田通商など8社は、直接合成技術を使った低公害なディーゼル代替燃料として注目を集めている“ジメチルエーテル(DME)”の製造・販売の事業化調査の新会社「ディーエムイーインターナショナル」を10月19日に共同で設立すると発表した。新会社は2006年度からDMEの供給を開始、年間80万〜150万トンのDMEを販売する。

新会社を設立するのは、NKK、豊田通商、日立製作所、トタルフィナエルフ、丸紅、出光興産、国際石油開発、日本酸素の8社。資本金は1億円で、NKKが34%を出資する。

DMEは炭化水素系原料からの製造が可能で、燃焼時に硫黄酸化物や煤塵が発生しない。ディーゼルエンジンの軽油代替燃料にすれば、健康被害に影響する黒煙も発生しない。資源エネルギー庁などが製造技術を開発しており、事業化の検討を始める時期に入ったと判断、8社は2006年度のDME販売開始に向けて事業化調査に入る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品