フランクフルト初お目見えのマセラティ『スパイダー』、日本で発売 | レスポンス(Response.jp)

フランクフルト初お目見えのマセラティ『スパイダー』、日本で発売

自動車 ニューモデル 新型車

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドはマセラティ『スパイダー』の受注受付を開始すると発表した。

スパイダーは、フランクフルトモーターショーに初めて出品された。V8、4244cc、最高出力287kwのNAエンジンを搭載した。スカイフックシステム・サスペンションやF1技術をフィードバックさせたカンビオコルサと呼ばれるセミオートマチック・トランスミッションを採用した2シーター・オープンモデル。

ボディデザインではジウジアーロが率いるイタルデザインとピニンファリーナによるコラボレーションが実現した。マセラティ社はスパイダーを2002年に米国市場でも販売、13年ぶりに米国市場に参入する。価格はMTが1250万円、セミオートマが1295万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品