【ダイハツ『MAX』発表】新しいスペース軽自動車、の新しさ | レスポンス(Response.jp)

【ダイハツ『MAX』発表】新しいスペース軽自動車、の新しさ

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ工業は新型軽乗用車『MAX』(マックス)を本日発表、11月1日から発売する。開発を指揮した越田幸男(こしだ・ゆきお)チーフエンジニアは「新たな軽スペースの価値を提案する」という。

『ミラ』1425mmと『ムーヴ』1670mmの間に位置する、全高1550mmという数字が性格を物語る。若者のパーソナルユース向け、そして自分の時間を大切にする子離れ世代向け。ひところ予想記事で“YRVキッド”と呼ばれていたが、それとはキャラクターもデザインも異なる。

エンジンは660cc3気筒NA、660cc3気筒ターボ、660cc4気筒ターボの3機種、トランスミッションはインパネシフトの4AT、フロアシフトの4AT、同じくCVT、同じく5MTの4種類。駆動レイアウトは2WD(FWD)と4WDの2種類。トリムはカジュアルな「X」「L」、スポーティな「RS」「R」の4種類。



価格はL/2WD/5MTの89万9000円からRS/4WD/インパネシフト4ATの148万3000円まで。月販目標は6000台。店頭発表展示会は11月10日、11日だが、東京ショーにも展示予定。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品