【フランクフルトショー2001続報】乗用ディーゼルも当然……トヨタ『DPNR』 | レスポンス(Response.jp)

【フランクフルトショー2001続報】乗用ディーゼルも当然……トヨタ『DPNR』

自動車 ニューモデル モーターショー

欧州では乗用車でもディーゼル仕様が人気だが、排ガス浄化のためにトラック同様フィルターを装備するのが今後の流れのようだ。トヨタはフランクフルト・メッセにいちはやく『DPNR』を出展した。

DPNRとは「ディーゼル・パティキュレイト・NOx・リダクション」システムの頭文字。日本で話題になっているディーゼル・トラック用のフィルターが、NOxなど成分浄化の触媒と、パティキュレイト(微粒子、粉塵)フィルターとがヘ別体になっているのに対し、DPNRでは一体化していちどに浄化する。

メッセに展示されたDPNRは2.0リットル直4に装着されている。トヨタ自動車第4開発センター第2パワートレーン開発部の松本功・主担当員によると、2005年以降の市販車搭載をめざしているという。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品