【ITS国際会議2001】トヨタ『MONET』のレベルアップはこんな感じ | レスポンス(Response.jp)

【ITS国際会議2001】トヨタ『MONET』のレベルアップはこんな感じ

自動車 テクノロジー ITS

ドライブなどの情報提供サービスを行ってきたトヨタ系の『MONET』(モネ)がいよいよ次の一手を準備しているようだ。シドニーで開催された第8回ITS国際会議のトヨタ展示ブースではその内容の一部を見ることができた。

これまでモネは主要ポイントのリアルタイム画像を配信したり、全国のお勧めスポット、あるいはニュース/天気予報といった内容を提供してきたが、会員向けへのパーソナルな情報を提供するという点ではそれほどインパクトのあるものではなかった。一応、インターネットへの接続サービスには対応したものの、それでも充分といえるものではない。

その点、ホンダが運営しているインターナビは、個人会員の登録情報に合わせたパーソナルな情報を提供し、その上登録や利用にかかる費用は一切無料。モネが年会費を徴収しながら、パーソナルな情報の提供では大きく後れをとっており、こうした部分での対応が、会員の伸び悩みに影響しているといわれてきた。

今回展示された新しいモネの内容は、そうした状況を打破するために開発したものと見られ、会員一人ひとりの情報が蓄積されてそれが情報提供にそのまま反映されるようになっている。しかも、PCで登録した情報は車載器の立ち上げ時に自動的にダウンロードするようになっているなど、PCとカーナビとで情報を共有する形を実現するものとなっている。会費などの詳しい状況はまだ未定で、サービスの開始はかなり近いものと見られる。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品