【新型ホンダ『CR-V』】「先代がライバル」だった開発目標 | レスポンス(Response.jp)

【新型ホンダ『CR-V』】「先代がライバル」だった開発目標

自動車 ニューモデル 新型車

初代『CR-V』は都会に似合うSUVということで成功し、「新型を開発するにあたって目標、あるいは比較対象とすべきライバルはなかった」と責任開発者の八郷隆弘チーフエンジニア(本田技術研究所・栃木研究所)と語る。

「そこで先代を改造し、最高レベルの、理想のクルマを作り、それをベンチマークに新型を開発した」という。それが99年頃の話。その後、マツダ『トリビュート』、日産『エクストレイル』、三菱『エアトレック』など、いわゆるクロスオーバーの続出となった。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品