オンライン燃費管理がFOMAでも---「e燃費」がサービス開始 | レスポンス(Response.jp)

オンライン燃費管理がFOMAでも---「e燃費」がサービス開始

自動車 テクノロジー ネット

携帯電話を通じてクルマの燃費を管理する「e燃費」では、本日正式サービスを開始したNTTドコモの「FOMA」に対応し、同日付けでサービス提供を開始した。

e燃費システムは「e燃費」(iモード、J-スカイ)と、そのOEM版のENEOS「ネット燃費」(iモード)でサービスを提供しており、両方を合わせた登録者数は、1日現在で12万6000人となる。膨大な入力データによるあらゆる車種の実用燃費データベースを有し、これをユーザーに還元する形で様々なサービスを展開しており、今後はFOMAのインフラを活用した大容量コンテンツを検討中である。

FOMAでのe燃費へのアクセスは以下のとおり。これまでのiモードでの利用法と同じである。

◆iモード版e燃費へのアクセスメニューリストの「グルメ/生活情報」を選択→「クルマ・バイク」を選択→「オートアスキー」内のメニューから「e燃費」を選択。

◆Jスカイ版e燃費へのアクセス「J-スカイweb」の「スタイリッシュライフ」を選択→「住宅・カーライフ」を選択→『e燃費』を選択。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品