名物コメンテーターがアメリカGPでお別れ | レスポンス(Response.jp)

名物コメンテーターがアメリカGPでお別れ

モータースポーツ/エンタメ 出版物

名物コメンテーターがアメリカGPでお別れ
  • 名物コメンテーターがアメリカGPでお別れ
イギリスITVの名物コメンテーター、マレー・ウォーカーがアメリカGPを最後に引退することが明らかになった。

72歳にしてF1コメンテーター52年のキャリアを持つウォーカーは今春、今シーズン限りでの引退を発表しており、最終戦となる鈴鹿がラストレースと思われていた。しかし今シーズンのチャンピオンがすでに決定しており、なおかつ日本GPはヨーロッパでの放送が早朝となることから、ゴールデンタイムに放送されるアメリカGPを最後の場に選んだ模様。

「F1の声」と称されるほど視聴者から愛された人物だけに、惜しまれる引退となりそう。後任は現ピットレーン・リポーターのジェームズ・アレンが決定している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品