三菱自動車がミディアムクラスの新型乗用車開発に着手か | レスポンス(Response.jp)

三菱自動車がミディアムクラスの新型乗用車開発に着手か

自動車 ニューモデル 新型車

三菱自動車は今後の新商品展開として、これまで乗用車部門については『ランサーセディア』以下の小型車のみでそれ以上の『ギャラン』、『ディアマンテ』クラスのミディアム、ハイオーナーカーについては廃止の意向で次期型の開発を凍結していたが、これを変更し引き続き次期型についても開発を続行させる方針のようだ。

まだ正式な決定をしていないものの可能性は強いという。今後しばらくはスモールカーやコンパクトカー優位の市場は続くもののミディアム&ハイオーナークラスについてもいずれはマーケット復活の可能性がある。ダイムラー・クライスラーとの協力によってグローバル戦略を進めるにあたってもこの分野での新商品展開は必要との判断があるものと思われる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品