【株価】日産は下げすぎ 海外生産が減っても株価は続伸 | レスポンス(Response.jp)

【株価】日産は下げすぎ 海外生産が減っても株価は続伸

自動車 ビジネス 株価

米国株市場は続伸したが、再び先行きに対する警戒感が強まり、全体相場は反落。自動車株は高安まちまちとなった。

日産自動車が、前日比19円高479円と続伸。8月の実績は、国内生産は前年を上回ったものの、海外生産が北米・欧州ともに前年割れ。しかし、7月の高値900円の半値水準まで下げたとあって、割安感からの買いを集めている。出来高は市場第2位と高水準。

スズキが19円高の1070円と続伸し、富士重工業(スバル)は20円高の498円と7日ぶりに反発した。

一方トヨタ自動車は、120円安の2850円と反落。ホンダも30円安と反落し、三菱自動車工業、マツダもさえない。いすゞは、前日比3円安の117円。この日の大手経済紙朝刊で「10月から米国のRV生産を当初計画の2割減らす」と報道されたことが嫌気された。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品