【プジョー『307』】ホットバージョン「S16」はないのか | レスポンス(Response.jp)

【プジョー『307』】ホットバージョン「S16」はないのか

自動車 ニューモデル 新型車

先代の『306』では、排気量違いや仕様違いで数種類のエンジンがラインナップされていたが、今日発表の『307』では、『206 S16』と同じ2リットルエンジン1種類となり、最大出力100kW(137ps)/6000rpm、最大トルク190Nm(19.4kg-m)/4100rpmで、206よりおよそ200kg重いボディーを引っ張る。

先代では、ラリーイメージを代表するホットバージョン「S16」が用意されていたが、新生307でのホットバージョンの展開について、プジョー・ジャポンのサービス・商品部、増田優主任に聞いたところ、「本国からそのような情報は聞いていませんし、プジョージャポンとしてもまったくの未定です」とのこと。モデルチェンジでクルマの性格が大きく変わってしまったことを裏付けるコメントだ。

また日本導入にあたっての欧州仕様からの変更点については、「特に変更はしていません。本国で売っているモデルの中から、市場性のあるものを日本向けとして選んで持ってきております」とのことである。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品