【フランクフルトショー2001続報】「スパイカー」……またスーパーカー計画 | レスポンス(Response.jp)

【フランクフルトショー2001続報】「スパイカー」……またスーパーカー計画

自動車 ニューモデル モーターショー

現在のオランダには国外メーカーの工場はあるが自国の乗用車メーカーはない。かつては、自動車が発明されたのと同時期、1898年に創立されたスパイカーというメーカーがあり、1925年まで存在していた。それと同じ名前のメーカーが世紀の変わり目に復活した。

新スパイカー社はやはりオランダのメーカーとして、しかし今度はスポーツカー・メーカーとして97年に設立された。2000年10月に『C8スパイダー』を、2001年2月にはクローズドクーペの『C8ラビオレット』を発表、フランクフルトでは公道走行も可能な、GT耐久マシーン『C8ダブル12』を披露した。

C8ダブル12のエンジンは4.0リットルV8、480HP。リストリクターなしだと620HPを発生するという。最高速度は330km/h、0-100km/h加速は4秒を切ると発表されている。ボディはアルミニウムのたたき出し。価格はまだ発表されていない。

スパイダーとラビオレットのほうは、アウディ『S8』の4.2リットルV8エンジンを搭載する。「ステージI」チューンで400HP、「ステージII」チューンで450HP。トランスミッションはシーケンシャルまたはマニュアルの6速が設定されている。

パフォーマンスは、スパイダー・ステージIが最高速度300km/h、0-100km/h加速が4.5秒。ラビオレット・ステージIIは最高速度306km/h、0-100km/h加速が4.2秒。価格はスパイダーが21万5000ユーロ(約2300万円)から、ラビオレットが24万ユーロ(約2580万円)から。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品