【CART第17戦決勝】最終ラップの最終コーナーで何が起こった? | レスポンス(Response.jp)

【CART第17戦決勝】最終ラップの最終コーナーで何が起こった?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第17戦は、前戦に引き続きヨーロッパで行われた。舞台はイギリス・ロンドンの北120kmに位置する「ロッキンガム・モーター・スピードウェイ」。1周は1.479マイル(2.38km)で、台形の角をとったようなユニークなレイアウトだ。

CART初開催となる新設のオーバル・コースは予期せぬトラブルに見舞われた。レース・ウィークはずっと好天だったにもかかわらず、それ以前に降った長雨の影響で路面から水が漏れ出し、5台のジェット・ブロワーが1500ガロン(5677.5リットル)の燃料を費やしても乾かすことはできなかった。にじみ出す水のために、1日目のフリー走行と2日目の予選は中止。スターティンググリッドは前戦に引き続きポイントランキング順で決められることになった。

レース開催日は予定を変更してフリープラクティスを設定。レース開始時刻は当初予定されていた午後12時30分から4時45分にずれこんだ。日没が近いため、210周で予定されていたレースは、140周に短縮してレースが行われた。

優勝したのは、最終ラップの最終コーナーでK. ブラックからトップを奪った前年度チャンピオンのG. ドフェランで、今シーズン初優勝。22番手スタートの高木虎之介はオープニング・ラップで起きたアクシデントに巻き込まれて早々にリタイア。25番手からスタートした中野信治は2周遅れの17位でレースを終えている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品