【株価】日産がゴーン社長就任以来の最安値を更新 | レスポンス(Response.jp)

【株価】日産がゴーン社長就任以来の最安値を更新

自動車 ビジネス 株価

米国株市場が月曜日の取引再開以来、一向に下げ止まらない。全体相場は続落し、さらに円高が1ドル=116円台まで進んだことを嫌気し、自動車株は連日の全面安となった。

日産自動車が、前日比50円安の421円と続落。7月6日の高値900円の半値以下に下げ、カルロス・ゴーン氏が社長に就任して以来の最安値(455円)を更新した。

ホンダも270円安の3300円と続落し、8月1日の高値5920円からわずか1カ月半で4割以上の下落率となった。トヨタ自動車も、180円安の2760円と8日続落。この日の大手経済紙が「2001年度の国内販売計画を下方修正」と報道したことが、大手投資家の売りに拍車をかけた。

日米株式の連鎖安、円高、米国市場の不透明感というトリプルデメリットに変化が見えない限り、厳しい動きを強いられることになりそうだ。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品